東京・千代田区「幻想的なオーロラ・迫力の流星群をVRで体感!ノーマン・ザ・スノーマンVR ~雪の国の大冒険~」

コニカミノルタプラネタリウム株式会社(本社:東京都豊島区、社長:持田 啓介、以下 コニカミノルタ)は、有楽町マリオン9階に昨年12月開設した「コニカミノルタプラネタリア TOKYO」(以下 プラネタリア TOKYO)内のVRアトラクション「VirtuaLink(バーチャリンク)」の新上映コンテンツが『ノーマン・ザ・スノーマンVR ~雪の国の大冒険~』に決定したことをお知らせします。本作で登場するキャラクター“ノーマン”の声は、人気声優・吉野裕行さんが担当します。

★VRアトラクション「VirtuaLink」とは★
「コニカミノルタ VirtuaLink」は、360度3D映像のバーチャル空間を、複数人で共有できるVRアトラクションです。

「プラネタリア TOKYO」では、最大24人が同時に同じVR(仮想現実)空間を共有することができ、コニカミノルタが手掛けるオリジナルVRコンテンツ『NIGHT CRUISING』と、最新VRコンテンツ『ノーマン・ザ・スノーマンVR ~雪の国の大冒険~』(2月15日より上映開始)を体験することできます。
オープン以来好評をいただいている『NIGHT CRUISING』に本作が加わることで、より多くの方々に「VirtuaLink」をお楽しみいただけるようになります。
※「ノーマン・ザ・スノーマンVR ~雪の国の大冒険~」は一人で楽しむコンテンツのため他のプレイヤーとのVR空間の共有はしません。

★人気声優・吉野裕行と共に、オーロラや流星群をVRで体感★
人形を一コマずつ動かしながら撮影・制作された、ストップモーションアニメーション「ノーマン・ザ・スノーマン」。
手作りの暖かみとオリジナリティあふれる世界感が各国の映画祭で評価され、現在「プラネタリア TOKYO」DOME1でも上映中の人気プラネタリウム作品がついにVRコンテンツとして登場します。

本作ではVRを通じ「ノーマン・ザ・スノーマン」の世界に入り込み、VRならではの360度映像空間で、幻想的なオーロラや迫力の流星群が目の前に広がります。さらに「星座探しのミニゲーム」などのインタラクティブな仕掛けも楽しむことができます。
雪だるまこと“ノーマン”の声は人気声優の吉野裕行さんが担当します。

●『ノーマン・ザ・スノーマンVR ~雪の国の大冒険~』作品概要●
・期間:2019年2月15日(金)~
・体験時間:約30分(VRゴーグルの着脱含む)
・料金:1500円(7歳以上)
・詳細:https://planetarium.konicaminolta.jp/planetariatokyo/program/virtualink/winter_19/
・オンライン予約:2月1日(金)の午前0時から開始します。
※「VirtuaLink」を安全にお楽しみいただくため、以下の方々は、利用をご遠慮いただいております。

7才未満の方/妊娠中の方/心臓の弱い方、重い病気にかかっている方、ペースメーカーなどの医療機器を装着している方/乗り物に酔いやすい方/飲酒された方(二日酔い時など血中アルコールが高い時も含む)/体調がすぐれない方/その他ご利用に関して、スタッフが不適切と判断した方

★「ノーマン・ザ・スノーマン~北の国のオーロラ~」★
「プラネタリア TOKYO」のDOME1(多目的デジタルドームシアター)では、ノーマン・シリーズ一作目のプラネタリウム作品「ノーマン・ザ・スノーマン~北の国のオーロラ~」を上映中。

ある冬の夜、少年が雪だるまのノーマンと一緒に、ノーマンの故郷へ旅するストーリー。オーロラや満天の星々がドームいっぱいに拡がるプラネタリウムです。VR作品『ノーマン・ザ・スノーマンVR ~雪の国の大冒険~』と合わせてお楽しみください。

【作品詳細/オンライン購入】
https://planetarium.konicaminolta.jp/planetariatokyo/program/planetarium1/winter_18_2/
★光と点で描く独自の幻想世界を散策する回遊型VR★
現在上映中の『NIGHT CRUISING』は実在する街やエリアを散策しながら、星空を楽しむVRコンテンツです。
建築などで用いられるレーザーセンサーを使用し、デジタルスキャンされた実際に存在する風景を、光と点で描く独自の幻想世界として再現。アーティスティックなデジタル空間へと昇華させました。

シンプルな操作で参加者同士がコミュニケーションを取りながら、自由に散策することができます。
ナビゲートは人気声優の河本啓佑さんが務めます。

【作品詳細/オンライン購入】
https://planetarium.konicaminolta.jp/planetariatokyo/program/virtualink/winter_18/

★「コニカミノルタプラネタリア TOKYO」とは★
有楽町は「日劇」の愛称で親しまれた旧 日本劇場をはじめ数多くの映画館や劇場が立ち並び、長きにわたり日本の文化芸能を牽引してきたエリアです。その有楽町に2018年12月19日、新たなプラネタリウムエンタテインメント施設として「プラネタリア TOKYO」がオープンしました。
本施設は、「プラネタリウムドームシアター」と「多目的デジタルドームシアター」という日本初のツインドームに加え、「体験型VRアトラクション」、「カフェ」、「ショップ」を備えたドームシアターコンプレックスです。

●ノーマン役 吉野裕行(よしのひろゆき)プロフィール●
2月6日生まれ。千葉県出身。B型。
ハスキーがかった特徴的な声で、元気な少年役からクールな青年役まで幅広いキャラクターを演じ分ける確かな演技力で数多くの人気作に出演。2013年8月、満を持してKiramuneよりCDデビューを果たす。
代表作・最近の出演作:
「機動戦士ガンダム00」シリーズ アレルヤ・ハプティズム 役
「薄桜鬼」シリーズ 藤堂平助 役
「イナズマイレブン」シリーズ 鬼道有人 役
「SKET DANCE」藤崎佑助 役
「弱虫ペダル」シリーズ 荒北靖友 役
「ハイキュー!!」シリーズ 岩泉一 役
「進撃のバハムート」シリーズ ファバロ・レオーネ 役

施設名称:「コニカミノルタプラネタリア TOKYO」
所在地:東京都千代田区有楽町2丁目5-1 有楽町マリオン 9階
営業日:定休日なし
営業時間:10:30~22:30(最終受付は21:30)
※金曜日のみ23:00まで営業(最終受付は22:30)
※各回の上映時間、各店舗の営業時間はホームページ等でご確認ください。

https://planetarium.konicaminolta.jp/planetariatokyo/インフォメーション:03-6269-9952(10:00~19:00)

『プラネタリア TOKYO』WEBサイト
■特設サイト
https://planetarium.konicaminolta.jp/planetariatokyo/special/
■施設サイト
https://planetarium.konicaminolta.jp/planetariatokyo/

※「日本初のツインドーム」とは観覧を目的とした常設のドームが同施設内に2つあり、それぞれ別々のコンテンツを常時上映していることを意味します。
※デザインやサービス内容は、変更される可能性があります。

Trip Navigatorインバウンド推進室

Trip Navigatorインバウンド推進室

→記事一覧

・トリナビ運営事務局
 Trip Navigator インバウンド推進事業部

この発信元の最新記事

Pick Up

  1. 京都タワーホテル(京都市下京区、総支配人:荒木 昌志)は、2019年5月1日(水・祝)~9月30日(…
  2. ベビーカステラ専門店「アンドオール上野アメ横店」(所在地:東京都台東区)は、ベビーカステラのニューテ…
  3. マックアースグループの中部スノーアライアンス株式会社(本社:岐阜県郡上市/代表取締役CEO:一ノ本 …
  4. 敷地面積3,000平方メートル、11,000体のテディベアを展示している『蓼科(たてしな)テディベア…
  5. 株式会社Sfida Fabbrica(本社:東京都中央区、代表取締役社長:前田 和彦)が運営する、長…


■割引クーポンサイト

■日本の逸品詳細サイト A-Janaika Japan is the best online store for unique Japanese traditional crafts & more with worldwide shipping
ページ上部へ戻る