東京・墨田区「開館40周年記念特別展『産業の世紀の幕開け ウィーン万国博覧会』たばこと塩の博物館にて開催!」

たばこと塩の博物館では、開館40周年を記念して、2018年11月3日(土・祝)から2019年1月14日(月・祝)まで、「産業の世紀の幕開け ウィーン万国博覧会」展を開催します。
明治6年(1873)にオーストリア・ウィーンで開催された万国博覧会は、近代化を目指す明治政府が国家として初めて公式に参加した万国博覧会でした。
日本の文化・技術を世界に示すとともに、欧米の技術を学ぶ機会と捉えた明治政府の博覧会への意気込みは、残されている準備段階の資料群からも感じることができます。日本からの出品物は、各種工芸品や皮革、和紙、染織、家屋の雛形、人形、生活具、農具、楽器、庭園など多岐にわたっていて、大きな反響を呼びました。また、西欧の最先端の技術を学ぶために派遣された多くの技術者は、後に様々な産業に寄与することとなりました。博覧会後の日本は、輸出産業の育成に力を注ぐとともに、国際ルールに則った特許や商標登録制度などを整備していきました。このように、ウィーン万国博覧会は、日本の産業の近代化に大きな役割を果たしました。
本展では、「ウィーン万国博覧会への参加準備のようす」「ウィーン万国博覧会での実際の展示」「ウィーン万国博覧会後に日本がどう変化していったか」の3つの時期に分けて、ウィーン万国博覧会への参加が日本にもたらしたものをご紹介します。
合わせて、日本の芸術に大きな影響を受けた世紀末ウィーンの画家グスタフ・クリムトの習作2点を特別展示します。

■「産業の世紀の幕開け ウィーン万国博覧会」開催概要
名称  : 産業の世紀の幕開け ウィーン万国博覧会
      (サンギョウノセイキノマクアケ ウィーンバンコクハクランカイ)
会期  : 2018年11月3日(土・祝)~2019年1月14日(月・祝)
主催  : たばこと塩の博物館
後援  : オーストリア大使館/オーストリア文化フォーラム、明治150年記念事業
会場  : たばこと塩の博物館 2階特別展示室、3階コレクションギャラリー
所在地 : 東京都墨田区横川1-16-3(とうきょうスカイツリー駅から徒歩8分)
電話  : 03-3622-8801
FAX   : 03-3622-8807
URL   : https://www.jti.co.jp/Culture/museum/
観覧料 : 大人・大学生 300円(150円)
      満65歳以上の方(要証明書) 150円(100円)
      小・中・高校生 100円(50円)
      ※( )内は20名以上の団体料金
開館時間: 午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)
休館日 : 月曜日(ただし、12/24、1/14は開館)、
      12月25日(火)、12月29日(土)~1月3日(木)

【展示の構成と作品紹介】
https://www.atpress.ne.jp/releases/168733/att_168733_1.pdf

【展示関連イベント】
https://www.atpress.ne.jp/releases/168733/att_168733_2.pdf

Trip Navigatorインバウンド推進室

Trip Navigatorインバウンド推進室

→記事一覧

・トリナビ運営事務局
 Trip Navigator インバウンド推進事業部

この発信元の最新記事

Pick Up

  1. 沖縄県立博物館・美術館(那覇市)では、11月22日より博物館特別展「縄文と沖縄 -火焔型土器のシンボ…
  2. ホテルグリーンプラザ東条湖 (所在地:兵庫県加東市廻渕、支配人:前川 宜久)は2019年3月31日…
  3. 瀬戸内海国立公園内にある休暇村紀州加太(所在地:和歌山市加太、総支配人:義本 英也)は、桜鯛バーガー…
  4. コニカミノルタプラネタリウム株式会社(本社:東京都豊島区、社長:持田啓介、以下 コニカミノルタ)は、…
  5. 一般社団法人ツーリズムとよた(所在地:愛知県豊田市)は、もうすぐ見ごろを迎える今秋一押しの紅葉スポッ…


■割引クーポンサイト

■日本の逸品詳細サイト A-Janaika Japan is the best online store for unique Japanese traditional crafts & more with worldwide shipping
ページ上部へ戻る