神奈川・横浜市「相鉄グループ100周年を記念して初の展覧会『いま、むかし、みらい 大相鉄展』を開催」

相鉄グループでは、2017年(平成29年)12月16日(土)から25日(月)までの10日間、相鉄グループ創立100周年を記念して「いま、むかし、みらい 大相鉄展」(入場無料)を横浜高島屋(横浜市西区)で開催します。
これは、12月18日のグループ創立100周年を記念して、相鉄グループをご愛顧くださるお客様への感謝の意を込め、初めて行う展覧会です。「相鉄と沿線の100年、その未来。」をテーマに、歴史を物語る写真や関連資料を展示する他、相鉄線の運転士が実際に訓練で使用している運転シミュレーターを操作体験(事前予約制)していただいたり、VR(仮想現実)ゴーグルを使用して運転席からの走行風景や開通前の相鉄JR直通線〔2019年度(平成31年度)下期予定〕のトンネル内をご覧いただけます。
ご来場いただいた方には相鉄線の車両をデザインした「切符風記念硬券」をプレゼント。現役鉄道マンが、切符に鋏(はさみ)を入れる入鋏(にゅうきょう)のサービスを行います。会場では鉄道員の仕事を実際に体験いただける他、相模鉄道キャラクター「そうにゃん」の本展限定商品を含む相鉄グッズを販売。体験型イベントや撮影スポットを多数ご用意し、鉄道ファンはもちろん、女性やご家族連れなどどなたにでもお楽しみいただける展覧会です。

■「いま、むかし、みらい 大相鉄展」の概要
1. 期間
2017年(平成29年)12月16日(土)~25日(月)

2. 入場時間
12月16日     10:00~20:00(20:30閉場)
12月17日~19日  10:00~19:30(20:00閉場)
12月20日~24日  10:00~20:00(20:30閉場)
12月25日     10:00~17:30(18:00閉場)

3. 会場
横浜高島屋(横浜市西区南幸1丁目6番31号)8階特設会場

4. 内容
(1) 相鉄グループ100年の歴史を写真パネルで紹介
相鉄線沿線の街の変遷、横浜駅西口の変容、相鉄線の駅と車両の歴史、未来に向けた取り組みなどを、写真と資料でご紹介。新型車両「20000系」をはじめ、鉄道会社ならではのアングルの写真もお楽しみいただけます。

新型車両20000系(イメージ)

相鉄線横浜駅に停車する旧5000系〔1968年(昭和43年)〕

(2) 相鉄線と相鉄バスに関する実物資料を展示
[1]相鉄線の運転士が使用している「実物」のシミュレーターを設置し、運転士によるデモンストレーションをご覧いただけます。事前にお申し込みいただいた方の中から抽選で選ばれたお客様に運転操作を体験していただきます。
[2]VR(仮想現実)ゴーグルを使用して運転席からの走行風景や、開通前の相鉄JR直通線〔2019年度(平成31年度)下期予定〕のトンネル内をご覧いただきます。
[3]相鉄線の歴代制服や相鉄線運転士が携帯するカバンの中身をご紹介。相鉄線の座席や相鉄バスの方向幕なども展示します。

(3) 鉄道員の仕事を体験できるコーナー
ホームから線路に物を落とした際に駅員が使用する「安全拾得器」や、駅員が車掌にドアを閉めるタイミングや異常を知らせる合図灯、放送器などの操作体験ができます。鉄道信号機や踏切非常ボタン、鉄道車両方向幕などの実物も展示します。

(4) 記念撮影スポット
・相模鉄道キャラクター「そうにゃん」をイメージしたオリジナル吊り革の展示
・相模鉄道、相鉄バスの制服の貸し出し(会場内で撮影が可能。子ども用もあります。)
・表示内容を選んで撮影できる路線バスのLED行先表示器の設置
・相鉄線の本物のシートを設置
※カメラはご持参ください

「そうにゃん」つり革

(5) 相模鉄道株式会社の現役社員が作った「鉄道ジオラマ」の作品展示
相鉄線の駅を舞台に新旧の相鉄線を並べた作品を作り続けている相模鉄道株式会社の現役社員 石川陽一。深くて温かく、どこか懐かしい、ドラマティックな作品全15点を展示します。

相鉄線二俣川駅付近を再現したジオラマ

旧大塚本町駅〔1975年(昭和50年)にさがみ野駅に移設改称。駅舎はかしわ台駅東口駅舎となった〕のジオラマ

・石川陽一 プロフィール
1977年(昭和52年)東京都生まれ。
子どもの頃から電車が大好きで、大人になったら電車の運転士になるのが夢だった。大学在学中に初めて風景を切り取った本格的なジオラマを制作。鉄道模型専門雑誌の人気投票で第1位となるなど、その斬新な構成と繊細な作品で見る人の心を楽しませている。2001年(平成13年)相模鉄道株式会社に入社し、駅務係、車掌、運転士、本社勤務、副駅長等を経て、2017年(平成29年)7月から運転関係の教育を担当する部署で後進の育成に携わっている。

(6) カメラマン ハービー・山口氏撮影のミニ写真展
鉄道や路線バスをはじめ、スーパーマーケット、ホテル、ビル管理など、地域の人々の暮らしに様々な形で関わっている相鉄グループ。その相鉄グループ各社で働く社員の表情を、有名アーティストのジャケット写真などを多く手がけると共に、市井の人々の表情を捉えるモノクロ写真でも名高い人気カメラマンハービー・山口氏が撮影した写真(10点予定)を展示。地域のお客様の日常生活を、いわば裏方としてさまざまな仕事で支えている相鉄グループ社員を主役に据えた、ちょっと素敵なミニ写真展です。

(7) 「みらいの相鉄、わたしのまち こども絵画コンクール」応募作品の紹介
2016年(平成28年)の夏に実施した「こども絵画コンクール」の応募作品(一部)をご紹介。同コンクールはお子さまたちに未来の相鉄線、沿線の街を想像して描いてもらったもの。相鉄グループのリアルな歴史と現在の取り組みを紹介する展覧会に併せ、子どもたちの夢見る未来の相鉄をご覧ください。
※絵画コンクールは2016年(平成28年)7~8月募集、中学生以下のお子さま869人に応募いただき、2016年(平成28年)11月に優秀作の表彰式を行った後、相鉄線の電車内で2016年(平成28年)12月~2017年(平成29年)1月にかけ、全作品の展示を行っています。概要と全応募作品は専用ウェブサイト( http://www.sotetsu-kaiga.jp/ )をご覧ください。

869人の応募の中から最優秀賞を受賞した2作品

(8) グッズ販売コーナー
「そうにゃん」グッズをはじめ、本展限定販売のオリジナルグッズや、相模鉄道と相鉄バスのグッズを販売します。
・相鉄グループ100周年を記念した「SOTETSU 100th記念 そうにゃんぬいぐるみ」を会場限定で販売。
 紺リボンVer.(2,500円・税込み)   限定200個
 エンジリボンVer.(2,500円・税込み) 限定200個
・新商品プラレール「相模鉄道 20000系」(3,000円・税込み)の販売。
 ※12月20日(水)からの販売となります。
・新商品「そうにゃんピョコノル 制服」(850円・税込み)の販売。

プラレール「相模鉄道 20000系」(イメージ)

(9) 来場記念プレゼント
本展オリジナル「切符風記念硬券」をお一人様1枚プレゼント(枚数限定)します。現役鉄道マンによる懐かしい「入鋏」サービスを実施します。
※乗車券・入場券ではありません。

来場者にプレゼントされる「切符風記念硬券」(イメージ)

5.主催
相鉄グループ、株式会社神奈川新聞社

6.協力
三菱プレシジョン株式会社、株式会社日立製作所、朝日新聞フォトアーカイブ、大成建設株式会社、株式会社佐藤印刷所ほか

■運転シミュレーター事前応募について
専用ウェブサイト( http://sotetsu100.jp/daisotetsuten/ )から応募していただけます。
応募は12月5日(火)23:59まで。応募者多数の場合は、各時間枠ごとに抽選とし、ご当選された方には、ご登録のメールアドレス宛に「当選のご案内」を12月初旬にご連絡をさせていただきます。

専用ウェブサイト

Trip Navigatorインバウンド推進室

Trip Navigatorインバウンド推進室

→記事一覧

・トリナビ運営事務局
 Trip Navigator インバウンド推進事業部

この発信元の最新記事

Pick Up

  1. みなとみらい21地区では、みなとみらいのオフィスをはじめとする25箇所が全館ライトアップするイベント…
  2. コニカミノルタプラネタリウム“天空” in東京スカイツリータウン(R)の人気音楽イベント『LIVE …
  3. 愛知県東三河地方の自治体や企業で組織された東三河レストランバス実行委員会は、移動と食を融合させた「レ…
  4. 阿蘇くじゅう国立公園・鶴見岳(標高1,375m)の山上まで約10分でご案内する「別府ロープウェイ」。…
  5. 北関東三県広域観光推進協議会は、温泉だけではなく、イルミネーションもHOTな群馬県各地において、冬を…


■割引クーポンサイト

■日本の逸品詳細サイト A-Janaika Japan is the best online store for unique Japanese traditional crafts & more with worldwide shipping
ページ上部へ戻る