兵庫・神戸市「神戸煉瓦倉庫再生プロジェクトとしてオリーブの樹を設置!オリーブに囲まれた『煉瓦倉庫マルシェ』も開催」

BRIEFING DESIGN Inc.(所在地:兵庫県姫路市、代表:上田 覚)は、神戸ハーバーランドの「神戸煉瓦倉庫」を多くの方に日常的に利用していただける建物になるよう神戸煉瓦倉庫再生プロジェクトを立ち上げ、プロジェクトの1つとして「神戸煉瓦倉庫に森を作ろう!」計画を企画し、オリーブの樹を設置いたしました。

■神戸煉瓦倉庫再生プロジェクト発足
神戸ハーバーランドの西の端にひっそりと佇む約120年の歴史ある「神戸煉瓦倉庫」をもっと多くの方に日常的に利用していただける建物になるよう2013年3月に神戸煉瓦倉庫再生プロジェクトを立ち上げました。

■神戸煉瓦倉庫 概要
所在地 : 〒650-0044 兵庫県神戸市中央区東川崎町1-5-5
アクセス: JR神戸駅から徒歩7分
URL   : http://www.kobe-renga.jp/

■神戸煉瓦倉庫再生プロジェクトの取り組み
県内のこだわりの店舗さんや農家さんに参加いただく「煉瓦倉庫マルシェ」、アーティストさんをお招きして煉瓦倉庫を最大限に活かす「LIVEイベント」などを開催してまいりました。
始まりは2012年12月に、基本となるインテリア家具のセレクトショップ【FELICE.KOBE】と併設のカフェ【FELICE】のちに【REDBRICK1898】の運営を開始し、週末は主にウェディング事業を【FELICE】として行い、多くの方が煉瓦倉庫に訪れるような取り組みを始めました。

■オリーブの樹設置の背景
多くの企画イベントをする中で、どうしてもメインストリートから煉瓦倉庫まで少し離れていることがいつも集客に苦労しておりました。
逆にこの場所を活かすことができるとハーバーランド全体から煉瓦倉庫まで繋がりができ、人の流れが作れると考え、「神戸煉瓦倉庫に森を作ろう!」計画を企画しました。
神戸ハーバーランドさんと企画を進め、2017年10月1日にオリーブ発祥の地神戸の、神戸煉瓦倉庫にオリーブの樹が設置されました。

■神戸最大サイズのオリーブを設置
2017年10月1日、神戸ハーバーランド25周年の記念すべき日に、樹齢400年のオリーブやスペインから届いたオリーブをメインに合計8本のオリーブの樹を設置いたしました。
お披露目の日には神戸市の関係者様もご来場いただき、オリーブの樹設置後の最初のイベント「煉瓦倉庫マルシェ」の視察も一緒に行っていただきました。「このような企画をどんどん続けていってほしい!」とみなさま大変喜んでいただけました。

■今後の展望
2018年は、「煉瓦倉庫マルシェ」を中心に、神戸の飲食店やコーヒースタンドの店舗様にお声掛けさせていただき、ナイトマルシェ(仮)やコーヒーフェス(仮)を企画し、神戸煉瓦倉庫をもっと多くの方が訪れていただける神戸のランドマークのひとつになれるよう続けて行きたいと思います。

今回のオリーブの樹の設置は、まず最初の一歩が始まったと考えています。今後数年かけてさらに設置場所を広げて、ハーバーランドと煉瓦倉庫を繋ぐこの場所を盛り上げて行きたいと考えています。

イベント等のお知らせは、神戸煉瓦倉庫再生プロジェクトのFacebookでご確認ください。
https://www.facebook.com/koberedbrick/

Trip Navigatorインバウンド推進室

Trip Navigatorインバウンド推進室

→記事一覧

・トリナビ運営事務局
 Trip Navigator インバウンド推進事業部

この発信元の最新記事

Pick Up

  1. 降水量が少なく、日照時間が長い気候と良質な土壌によって高品質なワインが育まれる“千曲川ワインバレー”…
  2. 株式会社明治屋(本社:東京都中央区京橋、代表取締役社長:松沢幸一)では、明治屋オリジナル商品「おいし…
  3. ホテル阪急インターナショナル(大阪市北区茶屋町19番19号 総支配人:菅野 伸一)では、2018年1…
  4. 日本一の柚子の産地である高知県では、高知県北川村にてまもなく柚子の収穫シーズンが到来することをお知ら…
  5. 京都のFlowershop「MATAHARI」を運営する株式会社MATAHARI(所在地:京都市左京…


■割引クーポンサイト

■日本の逸品詳細サイト A-Janaika Japan is the best online store for unique Japanese traditional crafts & more with worldwide shipping
ページ上部へ戻る