京都・祇園「今度はビールが飲める!泊まれる本屋が京都・祇園に出店」

「泊まれる本屋」をメインコンセプトに2015年に池袋にてオープンした訪日外国人観光客や国内旅行者向けのホステル『BOOK AND BED TOKYO』の2店舗目で『BOOK AND BED TOKYO 京都店』が京都市祇園に12月2日オープンします。今度のコンセプトは「ビールの飲める泊まれる本屋」。

2 3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同店は「本屋」をコンセプトにしながら本の販売は行っておらず、宿泊者に提供されるのは宿泊できる空間と館内にある本を自由に読める権利。つまり「本を読む極上の空間」。筆者個人的には本屋というより、図書館の方が近い感覚なのかな。と感じています。でもどちらにせよ大量の本に囲まれ過ごせるなんて本好きにはたまりません。そして館内にはバースペースが設置され、京都産を中心に数種類の地ビールが宿泊者に販売されます。

4

 

 

 

 

 

 

 

人気デザイナーが手がけた内装は、本棚の中にベッドが埋め込まれており、まるで本棚の中にある秘密基地。また、最大5000冊が収納可能な本棚が島のように設置されています。

ブックセレクトは「活字中毒者」からの支持が高い恵文社一乗寺店が担当。ほろ酔い気分になって読書をしながらうつらうつら寝落ちする……そんな幸せな体験を自信を持って提供してくれるそうです。

予約開始は11月25日正午から。宿泊料金は4800円から。宿泊せずに館内の空間を気軽に楽しむことのできるデイタイムプラン1時間540円から(デイタイム時間内フリータイム1620円から)も近日スタート予定だそうなので、我こそは、という人はチェックしてみてくださいね。
※掲載価格は全て税込みです。

5

 

 

 

 

 

 

 

記事提供元:おたくま経済新聞
記事URL:http://otakei.otakuma.net/archives/2016112601.html

Trip Navigatorインバウンド推進室

Trip Navigatorインバウンド推進室

→記事一覧

・トリナビ運営事務局
 Trip Navigator インバウンド推進事業部

この発信元の最新記事

Pick Up

  1. NEXCO東日本北海道支社(札幌市厚別区)は、北海道等と連携し、「北海道150年事業」として、ETC…
  2. 音でさまざまな空間を作り出す鳥クルッテル.incは、日本アニメーションの美しい自然表現にインスパイア…
  3. 株式会社あんじゅホーム(所在地:兵庫県神戸市、代表取締役:深見 宗久、以下 当社)は、地域のコミュニ…
  4. 鹿児島市は2018年1月14日(日)~2月11日(日)に、「黒豚」や「黒さつま鶏」など鹿児島の雄大で…
  5. ホテル阪急インターナショナル(大阪市北区茶屋町19-19 総支配人:菅野 伸一)では、レストラン・バ…
■割引クーポンサイト

■日本の逸品詳細サイト A-Janaika Japan is the best online store for unique Japanese traditional crafts & more with worldwide shipping
ページ上部へ戻る