高知・中央公園「カツオ県で『カツオの藁焼き』体験してきた」

高知県と言えばカツオのタタキがあまりにも有名ですが、夕方以降に市内繁華街を歩くとあちこちの居酒屋の店先でカツオが藁焼きされているのを見かけます。
けれどこの光景、結構レアみたいで都市部ではまず店先で見かけたことがありませんし、店によってはわざわざショーにしているところもあるくらいなんです。

というわけで、今回は高知県高知市は中央公園で行われた『第6回土佐のおさかなまつり』でカツオの藁焼きを体験してきました!

まずはカツオの皮がついたサクにどばっと塩をかけます。
それをかなり重い長い持ち手がついた網に乗せて、燃え上がった藁で一気に焼きます。
なるべく炎の大きいところで静止させるように、とアドバイスをいただきましたが結構な重さに途中で何度かよろけてしまいました。
そして炎で顔がめちゃくちゃ熱い! タタキができる前に自分がこんがりしてしまいそうなレベルでした。

サクを藁焼きすること3分ほど。皮の部分がこんがりとしてたまらない香りがしてきてたら、出来上がりです。

すぐに切ってもらい、熱々のままネギとにんにくの輪切りの乗せタレをかけていただきましたが、絶品!
燻製のような藁の味が口の中に広がり、カツオの美味しさも倍増していました。
日本酒が絶対合うな……と思ったのは言うまでもありません。

ちなみにカツオのタタキはフライパンやバーナーでもできるそうですが、藁で焼いたものとはまるで味が違うそうです。
県内外からはもちろん、わざわざこの藁焼きを体験するために海外から来る人もいるとのこと。
納得の楽しさです。

高知市内にある老舗の魚屋さんでは予約制でカツオの藁焼きが体験できるそうなので、自分で藁焼きしたカツオのタタキを食べてみたい人はぜひ一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

▼参考
第6回土佐のおさかなまつり(高知県)
藁焼き体験(上町池澤本店)

記事提供元:おたくま経済新聞
記事URL:http://otakei.otakuma.net/archives/2016011807.html

Trip Navigatorインバウンド推進室

Trip Navigatorインバウンド推進室

→記事一覧

・トリナビ運営事務局
 Trip Navigator インバウンド推進事業部

この発信元の最新記事

Pick Up

  1. 青森県の木戸食品(株式会社木戸食品、代表取締役社長:木戸 宏文、青森県東津軽郡)は、青森県の名産「津…
  2. こうち旅広場運営本部は、2018年11月3日(土)~12月2日(日)の期間、錯覚を利用した画像・映像…
  3. 公益財団法人日本吟剣詩舞振興会(所在地:東京都港区、会長:菅原道雄)は、2018年11月11日(日)…
  4. トーセイホテル神田株式会社は、自社ホテルブランド「TOSEI HOTEL COCONE(トーセイホテ…
  5. 福井県の越前加賀海岸国定公園内に位置するリゾートホテル「休暇村越前三国」(所在地:福井県坂井市三国町…


■割引クーポンサイト

■日本の逸品詳細サイト A-Janaika Japan is the best online store for unique Japanese traditional crafts & more with worldwide shipping
ページ上部へ戻る