東京・秋葉原「チャージ料が入隊料?秋葉にオープンしたシューティングレンジ付き居酒屋に突撃」

秋葉原といえば一昔前の電気街というイメージから、すっかりオタクの街という印象が世間では定着しつつあります。
さて今回お届けするサバイバルゲームに関する話題では、そんな秋葉原に新規オープンしたシューティングレンジ付き居酒屋『TRIGGER HAPPY(トリガーハッピー)』に突撃してきました。

場所は徒歩にしてJR秋葉原駅から8分、東京メトロ末広町駅から2分の距離。下村ビル(東京都千代田区外神田5-2-7)を入って地下一階に降りて行くとすぐトリガーハッピーのドアとなります。

店内に入ってみると店長の男性と美少女の隊員2名が出迎え。
テーブル席19席、カウンター席5席。
カテゴリーとしては居酒屋ということで、内装はかなりオシャレな雰囲気。サバゲーが段々オシャレなスポーツになって行く時代の流れを感じています。
もしかしたらエアガンに興味のない一般の方にも居心地のいい空間かも知れませんね。
料金制度としては「入隊料」という名のチャージ料が税別500円+飲食代。
7mのシューティングレンジを使用する際は8分に付き税別500円。

メニューをめくってみるとコッテリ系の料理が多いこの手のコンセプト居酒屋には珍しく、野菜メニューが豊富。
お店の方によると最近は居酒屋系の店でも野菜メニューを置く店が増えてきているとか。
健康志向の高まりが社会に浸透してきているということですね。
早速野菜料理のトリガーハッピーサラダを注文。

さて、試しにシューティングレンジ(エアガン射撃場)を利用してみることに。
ガンロッカー内にあるガス式拳銃、電動式ライフルともに日本メーカーの東京マルイ製。
これらのレンタルは無料。
これまで数々のサバゲーで海外製品も見てきましたが、やはりどれも品質が日本製より劣るか、日本に輸入された後で手直し改造を受けた物ばかりでした。
やはりサバゲー用エアガンは日本製が信頼できますね。
今回は新しく購入して自分で手を加えた日本製の拳銃を持ち込んで射撃練習。
紙製のターゲットが100円でしたが、僕の銃が単三電池ほどの小さな的に当たるかどうか興味があったので金属製の的を使用。
連続して撃ってみると、命中率は半分位。
3本用意した弾倉の内、一本が不調。銃が動かなくなるトラブルが発生。
帰宅後、さらに手を加えてみることにしました。
やはり本番のサバゲー以前にテストは必要です。

秋葉原での食事と銃の性能チェックが同時にやれるこのトリガーハッピー、美人の女子店員さんも目当て……ごほごほ、今後も個人的には大いに利用してゆこうと思っています!

記事提供元:おたくま経済新聞
記事URL:http://otakei.otakuma.net/archives/2016053002.html

Trip Navigatorインバウンド推進室

Trip Navigatorインバウンド推進室

→記事一覧

・トリナビ運営事務局
 Trip Navigator インバウンド推進事業部

この発信元の最新記事

Pick Up

  1. 東京・浅草「山谷掘(さんやぼり)公園」は、元は王子の音無川から隅田川に続く水路で、江戸時代には猪牙舟…
  2. 九州の宮崎県境にある鹿児島県曽於市(そおし)は、閉校となった元中学校校舎を使った野外シネマ「たからべ…
  3. 高級老舗旅館のABBA RESORTS IZU-坐漁荘(静岡県伊東市、総支配人:本田 達也)は、アジ…
  4. ホテル阪急インターナショナル(大阪市北区茶屋町19-19 総支配人:菅野 伸一)のビュッフェ&カフェ…
  5. 東京国立博物館(東京・上野公園)は、2018年も1月2日から開館、お正月の恒例企画「博物館に初もうで…
A-Janaika Japan is the best online store for unique Japanese traditional crafts & more with worldwide shipping
ページ上部へ戻る