東京・江東「弓矢を使ったサバイバルゲーム日本上陸!撃って撃って撃ちまくれ!」

サバイバルゲームと一言で言っても、実はいろんな種類があるようで、この度、室内サバイバルゲーム場を運営するASOBIBAがオーストラリア発祥の弓矢を使った『アーチェリーハント』というゲームを日本に上陸させるそうです。

ASOBIBAの説明によると、『アーチェリーハント』とは2チームに分かれて矢を打ち合う、弓矢を使ったサバイバルゲーム。
最近では欧米を中心に人気を博しており、日本でもかねてより注目されていたそうです。

ルールは簡単で、両陣営は矢を持たずにスタンバイし、スタートの合図と共にプレイフィールドの中央に置かれた矢を取りに行きます。
その後は相手をゲームから脱落させるために矢を撃ち、当て合います。
相手を全員脱落させるか、中央に設置された的を全て撃ち抜いた方の勝ち。矢は先端が柔らかいスポンジになっており、当たっても痛くないので安心とのこと。
また、対戦型のスポーツではありますが、「勝敗よりもハイテンションにゲーム自体を楽しむことが醍醐味」のファンスポーツだそうです。
決してガチで殺伐と撃ち合うゲームではないようですね。

サービス提供場所は室内フットサル場・ラモスフィールドインドアフットサル(東京都江東区東雲2-11-2)。
参加条件は高校生以上で、持ち物は動きやすい服装と運動靴。

開始は6月5日からで、参加するには事前予約が必要。
参加費は前売り券3800円(税込)、当日参加4300円で予約受付はWEB決済システム『Peatix』にて行われています。

記事提供元:おたくま経済新聞
記事URL:http://otakei.otakuma.net/archives/2016051802.html

Trip Navigatorインバウンド推進室

Trip Navigatorインバウンド推進室

→記事一覧

・トリナビ運営事務局
 Trip Navigator インバウンド推進事業部

この発信元の最新記事

Pick Up

  1. 全国に日帰り温泉施設を展開する株式会社 楽久屋(所在地:東京都中央区、代表取締役:内田 茂樹)が千葉…
  2. リアルゲームの楽しさを伝え、新たな「遊びの世界」を創造する、ヒューマックスグループの株式会社ヒューマ…
  3. 愛知県豊田市足助地区では、夏の風物詩として700基以上の竹かごと和紙で作った行灯「たんころりん」が足…
  4. 伊豆稲取の本社を起点に富士箱根伊豆国立公園内に16施設(食品の仕入・開発・製造・販売・外食・通販・卸…
  5. 「bisha 3rd Anniversary Premium Concert 2018」 日時:2…
■割引クーポンサイト

■日本の逸品詳細サイト A-Janaika Japan is the best online store for unique Japanese traditional crafts & more with worldwide shipping
ページ上部へ戻る