外国人向け「ジャパニーズタトゥー風そばアレルギー・チェッカー」がCOOL!!

そばはアレルギーを持っている人なら微量でもアナフィラキシーショックや重篤な症状を引き起こしやすい食物の一つですが、海外では常食されていないことからそばアレルギーの恐ろしさはあまり知られていません。

和食は2013年にユネスコの無形文化遺産に登録されたことで海外からも注目度がアップしており、それに伴いそばアレルギーの脅威に晒される人も増加する恐れがあるそうです。

そこで、札幌市南区の国道230号沿いに集まっているそば店からなる「230そば街道推進委員会」は北海道を訪れる外国人観光客に楽しくアレルギーを知ってもらうために「ジャパニーズタトゥー風そばアレルギー・チェッカー」なるものを開発しました。

これは日本独特な伝統的なデザインを起用している簡易アレルギー・チェッカーで、そば湯をステッカーに塗って皮膚に貼りアレルギー反応があるかどうか調べるものだそうです。

例えば、歌舞伎俳優が描かれた浮世絵風のステッカーはアレルギーのない人が皮膚にチェッカーをスタンプしても何ら変化はありませんが、アレルギーのある人だと歌舞伎俳優の顔に見事な赤い筋隈が浮かび上がってくるという仕様。

他には浮世絵風の金魚、暖簾、桜と鳥、富士山と白波、髑髏と人魂などがあり、外国人ならず日本人でも喜んじゃいそうなステッカーばかりです。
ちなみに実際にそばアレルギーかどうかを調べるためには、基本的には血液検査が必要なので、このチェッカーがあればその場でわかる上に注射の痛みもないからすごくお手軽ですよね。

実際、2016年の3月12日に230そば街道推進委員会所属の「生そば 紅葉亭」に訪れた外国人観光客を対象にチェッカーを体験してもらったところ、大好評だったそうですよ。

今後も230そば街道推進委員会はそばアレルギー・チェックの単独イベントを継続的に開催していく予定で、ステッカーの仕組みも向上させていくことを検討しているそうです。

 

記事提供元:おたくま経済新聞
記事URL:http://otakei.otakuma.net/archives/2016050904.html

Trip Navigatorインバウンド推進室

Trip Navigatorインバウンド推進室

→記事一覧

・トリナビ運営事務局
 Trip Navigator インバウンド推進事業部

この発信元の最新記事

Pick Up

  1. 青森県東津軽郡の木戸食品(株式会社木戸食品、代表取締役社長:木戸 宏文、青森県東津軽郡)は青森県陸奥…
  2. 岐阜県飛騨市は、「飛騨みんなの博覧会」を2017年10月14日(土)~11月26日(日)の約1か月半…
  3. 株式会社DACホールディングス(所在地:東京都台東区、代表:石川和則)の旅マルシェ事業部が運営する、…
  4. 栃木県日光のプリン専門店「日光ぷりん亭」(運営:株式会社ダイエー、代表取締役:川口 俊成、所在地:栃…
  5. 株式会社オートバックスセブン(代表取締役 社長執行役員:小林 喜夫巳)は2017年11月3日(金・祝…
A-Janaika Japan is the best online store for unique Japanese traditional crafts & more with worldwide shipping
ページ上部へ戻る