東京・文京区「16種類の極うま丼が味わえる“ご当地どんぶり選手権”」

2015年は40万人超が来場した「ふるさと祭り東京」。2016年も1月8日(金)から17日(日)までの10日間、東京ドームにて開催される。

同イベントの人気企画「第7回全国ご当地どんぶり選手権」には、全国から16種類のどんぶりが集結!ここには、牛トロフレークがとろける北海道の「新・牛とろ丼」や、豚の角煮や角煮を包んだ出し巻き玉子などがどっさりとのった鹿児島県の「志布志(しぶし)黒豚三昧丼」など、魅惑的などんぶりが勢ぞろいしている。

そんななかでユニークなのが、千葉県から登場の「千葉らぁ麺ごはん」。千葉県産のいすみ米で作った炊き込みごはんに、トロトロの特製角煮がのっており、途中まで食べたら、“千葉らぁ麺スープ”でお茶漬けにできるメニューだ。

同メニューは、千葉の新たな魅力を、と「千葉県応援プロジェクト」が発信する。ちなみに、「ふるさと祭り東京2016」日本の祭りナビゲーターであるEXILEのTETSUYAも「ラーメンとご飯!?僕、ラーメン大好きなんですが、名前が気になりますね~!」と興味をひかれているようだ。

なお、ご当地どんぶり選手権は、全国でナンバーワンの丼を決めるイベントで、一般来場者が審査員となる。すでに出場権を手にしている昨年上位の“シード丼”4種類と、“殿堂入り丼”1種類、“予選会突破丼”11種類が闘うのだ。丼の引換チケット500円を購入する際、1人1枚、投票用コインが渡されるので、気に入った丼に是非、投票しよう!

■ふるさと祭り東京2016
期間:1月8日(金)~17日(日)
場所:東京ドーム
住所:東京都文京区後楽1-3-61号
電話:03-5800-9999
(東京ドームシティ わくわくダイヤル)
入場料:当日券1600円(前売り1400円)
    イブニング券1100円
    平日限定当日券1300円(前売り1000円)

Trip Navigatorインバウンド推進室

Trip Navigatorインバウンド推進室

→記事一覧

・トリナビ運営事務局
 Trip Navigator インバウンド推進事業部

この発信元の最新記事

Pick Up

  1. 東京・浅草「山谷掘(さんやぼり)公園」は、元は王子の音無川から隅田川に続く水路で、江戸時代には猪牙舟…
  2. 九州の宮崎県境にある鹿児島県曽於市(そおし)は、閉校となった元中学校校舎を使った野外シネマ「たからべ…
  3. 高級老舗旅館のABBA RESORTS IZU-坐漁荘(静岡県伊東市、総支配人:本田 達也)は、アジ…
  4. ホテル阪急インターナショナル(大阪市北区茶屋町19-19 総支配人:菅野 伸一)のビュッフェ&カフェ…
  5. 東京国立博物館(東京・上野公園)は、2018年も1月2日から開館、お正月の恒例企画「博物館に初もうで…
A-Janaika Japan is the best online store for unique Japanese traditional crafts & more with worldwide shipping
ページ上部へ戻る