愛知・名古屋「名古屋モーターショーで『痛レンタカー』お披露目!オリジナルキャラは二次創作OK」

愛知県名古屋市の100円レンタカー鶴舞店が、オリジナル萌えキャラクターを全面にあしらった『痛レンタカー』サービスを開始します。

100円レンタカー鶴舞店を運営する美ッ冨士自動車工業株式会社は、創業60年の地元企業。今回痛車を企画したのは、同社営業部長の長谷川氏で、「痛車を作りたい」という思いがおさえきれず作ってしまったそうです。ちなみに使用されるキャラクターは、権利許諾の関係で既存キャラクターの使用許可が得られなかったという「痛い経験」から、オリジナルキャラクターが新たに作られています。そのため、二次創作クリエイター達には自由に使って欲しいという願いも込められており、オリジナルキャラクター『Dr.フジミ』は二次創作での非商用利用は無申請で許可していく方針としています。

キャラクターデザインを手がけたのはイラストレーターの雨峰たりさん。キャラクターには、社名の美ッ冨士と不死身をかけ、さらに女医でキャラクターモデルの長谷川さんのお嬢さんも参考にして「Dr.フジミ」と命名されています。清々しいほどの公私混同です。
Dr.フジミの愛馬チャリオットも実際にモデルが存在していて、こちらは長谷川さんの愛馬チャリオットから取られています。本当に清々しいです。

レンタルされる痛車は、ベースがベンツSLKのH.12年製。レンタル費用は6時間6500円、1日10000円で、同社で車検を受ける場合には代車として2日間5000円で貸し出しが行われます。
 今後はTwitter(@fugimi22)を通じ情報発信がされるほか、『(自称)萌えキャラ学会 – キャラサミ』への参加も予定されています。

また、11月20日からポートメッセなごやで開催される『名古屋モーターショー』の会場において、『痛レンタカー』が初お披露目されます。出展名義は痛車製作で有名な名古屋の『ART BOMB』。出展場所は1号館のW-12になっています。ブース前にはDr.フジミのコスプレイヤーも登場するそうです。23日までの開催中、行かれる方はぜひお立ち寄りを。

■Dr.フジミ設定
・普段は有能な外科医
・自動車と乗馬が趣味
・自動車事故や故障を見つけると変身して愛馬(チャリオット)乗ってメスの剣を持ち闘う。
※二次創作の非商用は無申請で許諾。
・公式Twitter:@fugimi22

記事提供元:おたくま経済新聞
記事URL:http://otakei.otakuma.net/archives/2015112001.html

Trip Navigatorインバウンド推進室

Trip Navigatorインバウンド推進室

→記事一覧

・トリナビ運営事務局
 Trip Navigator インバウンド推進事業部

この発信元の最新記事

Pick Up

  1. 日本旅館「星のや東京」は、2018年9月1日から11月30日まで、秋夜に伝統芸術とナイトクルーズを楽…
  2. 株式会社 ホテル京阪(本社:大阪市中央区、社長:工藤 俊也)が運営するホテル京阪 京橋 グランデ(所…
  3. 軽井沢・白糸ハイランドウェイは、夏の来軽者への夜の贈り物として、7年前より光演出型のイベントを開催。…
  4. 全国に日帰り温泉施設を展開する株式会社 楽久屋(所在地:東京都中央区、代表取締役:内田 茂樹)が千葉…
  5. リアルゲームの楽しさを伝え、新たな「遊びの世界」を創造する、ヒューマックスグループの株式会社ヒューマ…
■割引クーポンサイト

■日本の逸品詳細サイト A-Janaika Japan is the best online store for unique Japanese traditional crafts & more with worldwide shipping
ページ上部へ戻る