兵庫・淡路島「鹿が農作物荒らして困る→淡路産鹿肉100%使用のハンバーガー誕生」

世の中には変わった肉を使う色んな珍バーガーが存在していますが、このたび兵庫県淡路島から淡路産鹿肉100%の『グルメ・ザ・ジビエバーガー』が誕生したそうです。

販売するのは、農業法人淡路アグリファーム株式会社。12月1日から大阪市にある「南あわじ美食農園オリザ」の中之島スピニング店と阿倍野店で1日30食限定でランチのみ販売されます。価格は単品842円(税込)です。

鹿肉の産地となる、淡路島のさらに南側に位置する南あわじ市は、年間通じて平均16度前後という「瀬戸内海式気候」に恵まれています。ところが近年、南あわじ市の農家は、鹿やイノシシといった野生動物の深刻な被害に脅かされ、市内被害額は鹿だけで約3000万円(2013年度)にも上るそうです。市は2013年度に1670頭捕獲しましたが、被害の食い止めには至っていません。

そこで、同社がこの問題への取り組みとして、淡路島内では唯一となるジビエ専用の食肉処理施設を稼働させたそうです。
 捕獲した鹿を淡路島の特産品として、付加価値をつけて流通させ、狩猟への動機づけにつなげたいとしています。

記事提供元:おたくま経済新聞
記事URL:http://otakei.otakuma.net/archives/2015111605.html

Trip Navigatorインバウンド推進室

Trip Navigatorインバウンド推進室

→記事一覧

・トリナビ運営事務局
 Trip Navigator インバウンド推進事業部

この発信元の最新記事

Pick Up

  1. 小諸市内の本町通り・ほんまち町屋館・小諸宿本陣主屋・与良館など旧北国街道小諸宿地域では、2018年2…
  2. 春の神武祭実行委員会(所在地:奈良県橿原市、委員長:森下豊 橿原市長)が平成30年4月7日(土)、8…
  3. 株式会社なにわ屋(所在地:大阪市北区、代表取締役:藤橋 健太郎)は、白鶴酒造の甘酒を使用した「あまざ…
  4. 伊豆稲取の本社を起点に富士箱根伊豆国立公園内に16施設(商品開発・食品製造・販売・外食・通信販売等)…
  5. 土湯温泉観光協会(福島県福島市、会長:渡邉 和裕)は、春の恒例イベント「第43回土湯こけし祭り」を、…
■割引クーポンサイト

■日本の逸品詳細サイト A-Janaika Japan is the best online store for unique Japanese traditional crafts & more with worldwide shipping
ページ上部へ戻る