新神戸駅「『エヴァンゲリオン』新幹線弁当 中身は“親子関係”意識し『はらこめし』」

JR西日本と駅弁業者の淡路屋は、アニメ『エヴァンゲリオン』をイメージした山陽新幹線「500 TYPE EVA」の運行開始にあわせ、11月7日から限定駅弁を販売すると発表しました。限定数は1日50個、価格は1500円(税込)。販売場所は新神戸駅、西明石駅の淡路屋店舗です。

中身は現在調整中となっていますが、使徒のコアをイクラで表現し、作品中で“親子関係”が重要な要素になっていることから鮭を乗せた、「はらこめし」に仕上げる予定だそうです。また、容器は陶器製のため、食べ終わった後も記念に保存可能。

「500 TYPE EVA」は、山陽新幹線の全線開業から40周年、アニメ『エヴァンゲリオン』のテレビ放送開始から20周年を記念し企画された「新幹線:エヴァンゲリオンプロジェクト」の一環で運行するコラボ新幹線。庵野秀明氏が監修、メカニックデザイナーである山下いくと氏が車両デザインを担当しています。運行期間は11月7日から平成29年3月までを予定。車内では記念旅行商品や記念グッズの販売も行われます。

記事提供元:おたくま経済新聞
記事URL:http://otakei.otakuma.net/archives/2015102202.html

Trip Navigatorインバウンド推進室

Trip Navigatorインバウンド推進室

→記事一覧

・トリナビ運営事務局
 Trip Navigator インバウンド推進事業部

この発信元の最新記事

Pick Up

  1. 東京・浅草「山谷掘(さんやぼり)公園」は、元は王子の音無川から隅田川に続く水路で、江戸時代には猪牙舟…
  2. 九州の宮崎県境にある鹿児島県曽於市(そおし)は、閉校となった元中学校校舎を使った野外シネマ「たからべ…
  3. 高級老舗旅館のABBA RESORTS IZU-坐漁荘(静岡県伊東市、総支配人:本田 達也)は、アジ…
  4. ホテル阪急インターナショナル(大阪市北区茶屋町19-19 総支配人:菅野 伸一)のビュッフェ&カフェ…
  5. 東京国立博物館(東京・上野公園)は、2018年も1月2日から開館、お正月の恒例企画「博物館に初もうで…
A-Janaika Japan is the best online store for unique Japanese traditional crafts & more with worldwide shipping
ページ上部へ戻る