東京・六本木「玄関の守護神にお一ついかが?古代エジプト王の等身大フィギュア」

『国立カイロ博物館所蔵 黄金のファラオと大ピラミッド展』が10月16日~2016年1月3日の期間、六本木ヒルズ・森アーツセンターギャラリーにて開催されています。

展覧会の監修をしたのは、考古学者の吉村作治先生。国立カイロ博物館から吉村先生が選んだ100点あまりの至宝がみられるとのことで、ここのところ考古学クラスタの間ではざわざわ話題になっていました。

でも地方勢からはやっぱり「なかなか行けない」と残念がる声もネットにちらほら。そんな人には慰めになるかもしれない、気になるインテリアを発見しましたよ!

Pharaoh-400x600

見つけたのはエジプト王の等身大フィギュア『古代エジプト・王シッティング ビッグフィギュア(等身大フィギュア)』!!古代エジプトの神殿等にある王を再現したそうです。そして気になるお値段はというと、151万2千円!
これが高いか安いかは人それぞれかと思われますが、安いと感じる人にとっては「たった151万2千円」で自分だけの「マイファラオ」が手に入っちゃうのです。

販売はアマゾンや楽天などネット通販で行われており、アマゾンレビューは予想通り盛り上がっています。そういう“予想通り”な人たちによると、玄関にスフィンクス代わりに置いているという人から、プールの監視係にしているという人、台風で倒壊した墓石がわりに急遽使っている人と様々。中には「引き篭もりで誰とも喋れなかった僕を変えてくれました。」という投稿まで。

高さ約319cm、横幅約122cm、奥行約202cmとやや大きめですが、スフィンクスやピラミッドに比べればそこまで場所はとりません。
 考古学ファンの永遠の夢「マイファラオ」!置き場所に余裕のあるかたは是非一人お迎えしてみてはいかがでしょうか?

記事提供元:おたくま経済新聞
記事URL:http://otakei.otakuma.net/archives/2015101902.html

Trip Navigatorインバウンド推進室

Trip Navigatorインバウンド推進室

→記事一覧

・トリナビ運営事務局
 Trip Navigator インバウンド推進事業部

この発信元の最新記事

Pick Up

  1. 東京・浅草「山谷掘(さんやぼり)公園」は、元は王子の音無川から隅田川に続く水路で、江戸時代には猪牙舟…
  2. 九州の宮崎県境にある鹿児島県曽於市(そおし)は、閉校となった元中学校校舎を使った野外シネマ「たからべ…
  3. 高級老舗旅館のABBA RESORTS IZU-坐漁荘(静岡県伊東市、総支配人:本田 達也)は、アジ…
  4. ホテル阪急インターナショナル(大阪市北区茶屋町19-19 総支配人:菅野 伸一)のビュッフェ&カフェ…
  5. 東京国立博物館(東京・上野公園)は、2018年も1月2日から開館、お正月の恒例企画「博物館に初もうで…
A-Janaika Japan is the best online store for unique Japanese traditional crafts & more with worldwide shipping
ページ上部へ戻る