「レジャー白書2015・日本の余暇市場は微増の約73兆円。首位は国内旅行。」

日本生産性本部余暇創研は、「レジャー白書 2015 ~国内旅行のゆくえと余暇~」をとりまとめ、その概要を発表。

2014年の日本人の余暇市場は約73兆円で、「観光・行楽」部門が市場全体をけん引する結果となった。
その中でも「国内観光旅行(避暑、避寒、温泉など)」が5,400万人で4年連続トップとなっている。
2位は「外食」。3位は「読書」。
「ウィンドウショッピング」や「ウォーキング」など歩くレジャーが上昇した。

【スポーツ部門】ランニング、登山・キャンプ用品が堅調。テニススクールに回復傾向。
【趣味・創作部門】電子機器、コンテンツはマイナスだが、映画、コンサートが好調。
【娯楽部門】スポーツ振興くじ、スマホゲームが成長し、公営ギャンブルに明るさ戻る。
【観光・行楽部門】国内旅行、国内航空、鉄道、ホテル、遊園地・テーマパークが好調。

Trip Navigatorインバウンド推進室

Trip Navigatorインバウンド推進室

→記事一覧

・トリナビ運営事務局
 Trip Navigator インバウンド推進事業部

この発信元の最新記事

Pick Up

  1. NEXCO東日本北海道支社(札幌市厚別区)は、北海道等と連携し、「北海道150年事業」として、ETC…
  2. 音でさまざまな空間を作り出す鳥クルッテル.incは、日本アニメーションの美しい自然表現にインスパイア…
  3. 株式会社あんじゅホーム(所在地:兵庫県神戸市、代表取締役:深見 宗久、以下 当社)は、地域のコミュニ…
  4. 鹿児島市は2018年1月14日(日)~2月11日(日)に、「黒豚」や「黒さつま鶏」など鹿児島の雄大で…
  5. ホテル阪急インターナショナル(大阪市北区茶屋町19-19 総支配人:菅野 伸一)では、レストラン・バ…
■割引クーポンサイト

■日本の逸品詳細サイト A-Janaika Japan is the best online store for unique Japanese traditional crafts & more with worldwide shipping
ページ上部へ戻る