宮崎「宮崎県の老舗洋食店『おぐら』監修「味のおぐらチャンポン」発売 おぐらクラスタ歓喜」

チキン南蛮で有名な宮崎県の老舗洋食店『味のおぐら』。昭和31年創業で、現在主流のタルタルソースをかけたチキン南蛮発祥のお店とされています。

『味のおぐら』は地元では長く愛され、未だ週末には地元の方はじめ行列をなすほどの人気店。名物チキン南蛮はもちろんいずれもボリュームたっぷりで、常連からは同じくボリュームたっぷりの『チャンポン』も根強い支持をうけています。筆者は宮崎をおとずれた際に地元の方につれられ行った事がありますが、どちらも今書きながら思い出して腹を鳴らすほどおいしかったです。

その常連熱烈支持の『チャンポン』がカップ麺になって南九州ファミリーマートより9月18日に販売開始されました。『味のおぐらチャンポン』はこれまで2度、おぐらとエースコックの共同開発で発売されています。今回は好評をうけての第3弾。野菜の量を増量しパワーアップして帰ってきました。ちなみに味の監修はおぐらがつとめていますが、おぐらは平成4年に分社化しており今回監修したのは「延岡おぐら」になります。

『味のおぐらチャンポン』は価格286円(税込)。宮崎・鹿児島県のファミリーマート337店舗で販売されます。10月5日まではケース単位(12個)で購入すると300円引きで購入できるそうです。ファミマTカード会員は400円引きです。これまの発売では宮崎県出身者への贈答品としてもかなり喜ばれたそうです。10万食限定なので気になる方はお早めに。

記事提供元:おたくま経済新聞
記事URL:http://otakei.otakuma.net/archives/2015091902.html

Trip Navigatorインバウンド推進室

Trip Navigatorインバウンド推進室

→記事一覧

・トリナビ運営事務局
 Trip Navigator インバウンド推進事業部

この発信元の最新記事

Pick Up

  1. 東京・浅草「山谷掘(さんやぼり)公園」は、元は王子の音無川から隅田川に続く水路で、江戸時代には猪牙舟…
  2. 九州の宮崎県境にある鹿児島県曽於市(そおし)は、閉校となった元中学校校舎を使った野外シネマ「たからべ…
  3. 高級老舗旅館のABBA RESORTS IZU-坐漁荘(静岡県伊東市、総支配人:本田 達也)は、アジ…
  4. ホテル阪急インターナショナル(大阪市北区茶屋町19-19 総支配人:菅野 伸一)のビュッフェ&カフェ…
  5. 東京国立博物館(東京・上野公園)は、2018年も1月2日から開館、お正月の恒例企画「博物館に初もうで…
A-Janaika Japan is the best online store for unique Japanese traditional crafts & more with worldwide shipping
ページ上部へ戻る