神奈川・鎌倉「3,500円で昭和レトロな宿に泊まれる『亀時間』に行ってきた」

安く泊まれる宿はいくらでもありますが、どこもサービスが悪かったり、あとはカプセルホテルなどのコンパクトなホテルだったりもして、値段相応だなと感じることはあります。であれば、サービスはホテルとまではいかないが、体感型として雰囲気の良い宿を選び、かつ値段が安いという選択肢もあるのかもしれません。こちらの宿はそんな願いを一気に叶えたような素晴らしい宿だ。

2

亀時間は、鎌倉市にある民家を改造したゲストハウスである。ホテルのようなサービスはないが、自分たちで持ち込んだお泊りセットで過ごすことでコストパフォーマンスをあげている。また1人部屋もあるが、ゲストハウスということで共同の部屋の中にあるダブルベッドを使い、1晩すごす。 なお、食事はロビーのような場所で行うのが鉄則で、お茶やコーヒーなどは無料で飲むことが出来ます。コーヒーはなんと自前で豆を挽いて淹れるというこだわり。手間はかかるが美味しいのだという。

3

大正・昭和を感じさせるレトロな作りはどこか懐かしい印象。

4

            5

でもWiFiは無料でガンガン使えるというその落差も良い!

6

この先の部屋にトイレや、寝室があります。本当に母屋をモダンテイストに改造したような印象。古いけど新しいみたいな。

7

ちなみに、亀時間にはシャワーがあるが、風呂はないので近くの銭湯がおすすめなのだという。 確かに温まった。

8

朝食はオプションでつけることが出来ます。手作り天然酵母パンと季節野菜のサラダ(寒い時期はスープ)、ゆで卵 価格500円となります。

9

神棚も時代を感じさせる凄い立派なものがあった。本当にここから神がでてきそうなぐらい神秘的。 ということで鎌倉に行った際、お金はないが時間と心に余裕が有る方は「亀時間」を利用してみてはいかがだろうか。(ただしだいたい満室)

亀時間 http://kamejikan.com/

記事提供元:秒刊SUNDAY

記事URL:http://www.yukawanet.com/archives/4929361.html

Trip Navigatorインバウンド推進室

Trip Navigatorインバウンド推進室

→記事一覧

・トリナビ運営事務局
 Trip Navigator インバウンド推進事業部

この発信元の最新記事

Pick Up

  1. 東京・浅草「山谷掘(さんやぼり)公園」は、元は王子の音無川から隅田川に続く水路で、江戸時代には猪牙舟…
  2. 九州の宮崎県境にある鹿児島県曽於市(そおし)は、閉校となった元中学校校舎を使った野外シネマ「たからべ…
  3. 高級老舗旅館のABBA RESORTS IZU-坐漁荘(静岡県伊東市、総支配人:本田 達也)は、アジ…
  4. ホテル阪急インターナショナル(大阪市北区茶屋町19-19 総支配人:菅野 伸一)のビュッフェ&カフェ…
  5. 東京国立博物館(東京・上野公園)は、2018年も1月2日から開館、お正月の恒例企画「博物館に初もうで…
A-Janaika Japan is the best online store for unique Japanese traditional crafts & more with worldwide shipping
ページ上部へ戻る