出た!うなぎコーラを早速飲み、液でうな重を作ってみた

ペプシ社からかつて様々な異色のコーラが登場して世間を騒がせておりましたが、あれはあれで一発ネタとしては面白いものでした。長期発売するというよりも一時的な話題性を得るためのマーケティングなわけで味はともかくプロモーションとしては成功しております。その後再発売されたものがないとなると・・・味はということです。さてこちらは別の切り口うなぎコーラです。

色は普通のコーラと同じで違うのは「うなぎエキス」という謎の液体が入っているという点だ。ちなみに少し飲んでみたが、至って普通のコーラだった。

違いといえば若干、濃い味がするかなというぐらいで裏を返せば普通のコーラとして何の遜色なく飲める。ネタとして物足りなさは感じるが、うなぎ液も入っているぞということでおみやげにはなりそうだ。

ということで、この液体でうな重を作っていきます。

1

 

 

 

 

 

 

 

 

液体を煮ます。同時にうなぎの蒲焼き味の駄菓子を漬けます。

2

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてご飯の上に載せて液体をかけていきます。この絵としては紛れもない「うな重」なのである。

早速食べてみる。

3

 

 

 

 

 

 

 

 

すると、おおおっ!うなぎの蒲焼き味だ!いや、この駄菓子が旨い。

うなぎコーラの存在は若干あるような無いような・・・そんな気も致しますが、食べた時点で不味いということはないので、問題ないのだろう。

通常であれば不味くて最後まで食べられないが、今回は食べられた。普通のコーラでは考えられない自然さだ。

ということでうなぎコーラお試しあれ。

 

記事元:秒刊SUNDAY

記事元URL:http://www.yukawanet.com/archives/4921838.html#more

Trip Navigatorインバウンド推進室

Trip Navigatorインバウンド推進室

→記事一覧

・トリナビ運営事務局
 Trip Navigator インバウンド推進事業部

この発信元の最新記事

Pick Up

  1. 小諸市内の本町通り・ほんまち町屋館・小諸宿本陣主屋・与良館など旧北国街道小諸宿地域では、2018年2…
  2. 春の神武祭実行委員会(所在地:奈良県橿原市、委員長:森下豊 橿原市長)が平成30年4月7日(土)、8…
  3. 株式会社なにわ屋(所在地:大阪市北区、代表取締役:藤橋 健太郎)は、白鶴酒造の甘酒を使用した「あまざ…
  4. 伊豆稲取の本社を起点に富士箱根伊豆国立公園内に16施設(商品開発・食品製造・販売・外食・通信販売等)…
  5. 土湯温泉観光協会(福島県福島市、会長:渡邉 和裕)は、春の恒例イベント「第43回土湯こけし祭り」を、…
■割引クーポンサイト

■日本の逸品詳細サイト A-Janaika Japan is the best online store for unique Japanese traditional crafts & more with worldwide shipping
ページ上部へ戻る