ふなばしアンデルセン公園の入園者数900万人を突破

ふなばしアンデルセン公園(船橋市金堀525、TEL 047-457-6627)で8月2日、来園者数900万人を達成し、その記念式典が開かれた。

記念すべき900万人目の来園者となったのは市内習志野台在住の天笠 充さん一家。
月に一度は同園を訪れるという天笠さんはこの日、奥さんと子ども、そして姉とその子どもの5人で来園した。

「『ちょっとすみません』と入場ゲートをくぐりスタッフに声を掛けられた時は、何か悪い事をしたかとドキリとしました」と、笑顔でその瞬間を振り返った。
「子どもが小さい頃から来てます。飽きずにずっと楽しめる施設です」そう話したのは奥さんのゆかさん。そして「工作を作れるところが好き」と話したのは子どもの凌くん(7歳)。
式典では松戸徹市長などと共にくす玉を割り、年間パスポートや園内にある「牧場のアイス屋さん」の引換券を受け取った。

「少しずつ知名度が上がって、皆さんのお陰です」と話すのは、園長の細谷順子さん。
先日は、世界最大の旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」で日本のテーマパーク3位、そしてアジアのテーマパークでも10位にランクインしたばかりの同園。

同園の歴史を少し遡ると、昭和62年に「ワンパク王国」としてオープンし、その後、メルヘンの丘ゾーン、子ども美術館ゾーンなどが新たに整備され、平成8年に「アンデルセン公園」となった。童話作家・アンデルセンの出身地であるデンマークのオーデンセ市と船橋市は平成元年、姉妹都市として結ばれ交流を深めてきた。そんな交流の象徴とも言えるだろう。

整備するにあたってはオーデンセ市の全面的な協力を受け、メルヘンの丘にある風車や農家の建築資材は現地オーデンセ市のものを運び込んで使用。またアンデルセン像はデンマーク国内外で初めて複製を許可された銅像だという。

平成19年には「都市緑化フェア」(第24回全国都市緑化ふなばしフェア)を開催、4つ目のゾーン「自然体験(里山の水辺)」もオープンした。さらに平成23年には5つ目のゾーン「花の城」が誕生し、特色のある5つのゾーンからなる総合公園へと変貌を遂げた。
今後は、これから新しいゾーンの拡張整備などを行っていくそうだ。

Trip Navigatorインバウンド推進室

Trip Navigatorインバウンド推進室

→記事一覧

・トリナビ運営事務局
 Trip Navigator インバウンド推進事業部

この発信元の最新記事

Pick Up

  1. 小諸市内の本町通り・ほんまち町屋館・小諸宿本陣主屋・与良館など旧北国街道小諸宿地域では、2018年2…
  2. 春の神武祭実行委員会(所在地:奈良県橿原市、委員長:森下豊 橿原市長)が平成30年4月7日(土)、8…
  3. 株式会社なにわ屋(所在地:大阪市北区、代表取締役:藤橋 健太郎)は、白鶴酒造の甘酒を使用した「あまざ…
  4. 伊豆稲取の本社を起点に富士箱根伊豆国立公園内に16施設(商品開発・食品製造・販売・外食・通信販売等)…
  5. 土湯温泉観光協会(福島県福島市、会長:渡邉 和裕)は、春の恒例イベント「第43回土湯こけし祭り」を、…
■割引クーポンサイト

■日本の逸品詳細サイト A-Janaika Japan is the best online store for unique Japanese traditional crafts & more with worldwide shipping
ページ上部へ戻る